株式会社シップ

サイトマップ

tel 03-3868-9621
【受付】9:00~18:30(土・日・祝休み)


来店成約率90%、施工後のトラブル0の理由は?



小松

塗装は何を依頼するのかの見当がつきやすいので早くからネットマーケティングが盛んになりました。

私どもは常時数百社のデータを見ていますが、

消費税増税後は特にネット活用の成果に差がついてきたように思います。





綿谷

弊社は2009年11月の創業と新しいのですが、

シップさんとのお付き合いを通じて先を行っている同業者さんから

学ばせていただいたことが大きかったですね。



 




小松

弊社セミナーでも紹介させていただいていますが、私が綿谷社長がすごいなと思うのは「施工事例」の料理の仕方です。

「施工事例」そのものの更新もままならない会社も多い中、地域別とか塗料別とか雨樋工事を含んだ工事とか、とてもわかりやすい分類で整理をされているうえに、費用も提示されています。

しかも量が多く、さらに日々増えています。






綿谷

私がネットで探しているお客さんだったら

どんな情報が欲しいのかなと顧客目線で考えたら自然とそうなりました。



小松

リフォーム産業新聞社さんの「クレームゼロの外壁塗装」特集にも出ていましたが、

外壁シミュレーションも顧客目線からの発想ですね。

 

同業者さんはソフトは購入はするけどあまり活用しようとしません。

面倒だし、逆に施工後のトラブルが気になるというのがその理由です。






綿谷

同業者がそれをやりたくない理由には共感します(笑) 

だからこそチャンスだと思いましたし、このサービスをネットに入口を設けることと来店誘導・来店プレゼンを組み合わせることによって、お客様には信頼してもらえます。

シミュレーションは毎月平均すると申込み6件前後、来店成約率は90%ですし、施工後のトラブルもゼロです。

実はトラブルの種はこの段階で発覚しやすいので潰せるんです。







「顧客目線」で考え実行すること

小松

今期は増税後にも関わらず売上は前年比20%増だそうですが、まだまだ伸び代が大きいと思います。

ドラッカーさんの「マーケティングの基本はこちらが何を望むかではない。

相手が何を望むか、相手にとっての価値は何か、目標は何か、成果は何かである。」のお手本だと思います。





綿谷

後発だということもあり、お客さんはどう感じているか、

どう思っているかには関心がある方だと思います。

 

ライバルは多いと思いますがこれから職域を増やしながら、

地域の相場の中心的な存在だとお客さんに思っていただけるような

発信を行っていきます。








まとめ


1. 自分の都合ではなく顧客の価値や目標・成果を考え実行する
2. 自分の「面倒だ」は同業者の「面倒だ」、ここに勝機がある
3. 勝つ企業は誰にでもあるはずの「施工事例」の料理で勝つ



対談連載

綿谷康伸氏プロフィール

綿谷康伸氏

小松信幸プロフィール

小松信幸

バックナンバー

もっと、インタビュー記事を見たい方はこちら
Top