ホンモノを造れば儲かる。嘘が混じるから儲からなくなる。

ホンモノを造れば儲かる。嘘が混じるから儲からなくなる。 『生命を守る家を造る』事業活動とホンモノの食の普及活動は目的が一致する

ホームページリニューアルとモバイルフレンドリー

樋口 ホームページをリニューアルしてからネットからの問い合せ急増ですね。
3月に入ってから新築だけで問い合せは10件入っています。(※このインタビューは3月19日に行っています)

小松 スマホからの閲覧が50%近いですから、モバイルフレンドリー化だけでもプラスの影響が大きいですよね。
もともとのお付き合いは2005年リフォームCAD導入時ですね。

樋口 その頃は大型リフォームが増えてきて提案営業を強化しようという時期でした。
自分たちの使命は何なんだろうという自問自答の中で新築に取り組んで、昨年で25棟建てています。

小松 その使命感が医農野菜への取り組みにもつながっていくのですね。

樋口 突き詰めると住宅っていうのは「生命を守る箱」なんですね。
だから耐震性や温度差解消など譲れないところが出てくる。
だからオールフルコミ住宅ということで価格も含めて妥協しないポイントを明らかにしているのですが、生命と食も切り離せない。

生命を守る家造り

小松 安心安全な住宅に住んで安心安全な食を摂る。

樋口 ホンモノの食を作る農業の現場に行って気づいたのは、環境に負荷をかけていないんです。
自然循環が営まれていて、そのエネルギーが食に織り込まれている。
そこから住宅の素材や廃材の廃棄の問題にも取り組んで行くことになりました。

小松 環境循環型住宅むくむくはうすへの参加もその流れの中で必然的に起ったことですね。
実際、食の入り口から住宅の顧客が出来ているようですが?

樋口 そうです。
農業や食のイベントで知り合った人から新築を依頼されることが多いです。
価値が同じなんです。分ける必要がない。
ホンモノを作れば儲かる。嘘が混じるから儲からなくなる。

小松 海外進出支援をやっていて思うのは、日本はGDP的な視点では相対的に下降していくと思いますが、浮上していくのは日本ならではホンモノ商品なんだなと思います。
樋口さんの「食と住」の取り組みを世界に広げていきたいですね。

まとめ

  • 住宅事業の目的は『生命を守る家を造る』こと。お客様の健康や環境への負荷に対する意識が 自分を選んでくれる顧客に集まってもらう仕組みを創る。
  • リフォーム業においてもホームページ閲覧はスマートフォンとタブレット経由が50%を超えホームページのモバイルフレンドリー化は必須要件。