• 戦略会議お申し込み
  • 資料請求
  • お見積もり依頼
  • メルマガ登録
  • お問い合わせ
競争が激化する外壁塗装営業は急がば廻れ

競争が激化する外壁塗装営業は急がば廻れ 『WEB⇔現実』による地域ブランドの浸透が戦わずして勝つ道

熊井 会社説明会、とても刺激になりました。
小さな会社はいつも人の問題に直面しています。
(※シップ社の新卒向け会社説明会を見学後の対談です)

小松 きちんと会社説明会という入り口をつくって入社への門戸を開放しておくのは良いと思います。
地域の塗装会社ではそれだけでプラスの差別化になるはずです。
ところで、協伸ブランドのラッピングカーが9台になったそうですね。
協力会社さんにも貸し出しているんですね。

熊井 そうです。
自動車だけでなく、現場の養生シートやノボリまで、ホームページのデザインに合わせて全部シップさんに作ってもらいました。
成田で屋根・外壁塗装を考えた時に、「あ、なんか協伸とかって会社あったな」と思い出してもらうのが目的です。
最近、団扇(うちわ)のデザインもお願いしたんですが、先日お祭りのときに配ったんですよ。
壮観でしたよ。お祭り会場が協伸一色になってました。

小松 それなら暑いのも歓迎ですね(笑)。
外壁塗装はリフォームの中でもWeb上での競争が最も激しいところですが、ホームページを活かすためには、毎日の地域の生活の中に「塗装なら協伸」をいかに浸透させていくかです。
団扇も養生シートもラッピングカーも現場の挨拶回りのツールもすべてデザインを統一させていざというときに「思い出してもらう」という戦略はジワジワと非常に強く効いてきます。
カタカナでいえば「ブランド戦略」ということですが、Webのアクセス情報ではブランド検索数にその浸透度が現われてきます。
着実に増えていますね。良い傾向です。

熊井 お客様目線で考えれば、チラシやホームページで初めて知ってもそこに電話をするのにちょっと躊躇します。
そんなことを考えると急がば廻れ、なんだなと思います。
成田で圧倒的なシェアの塗装会社になることを目指します。

まとめ

  • 地域密着会社は毎日の営業活動をブランド化に活かすべし
  • 「塗装なら協伸」と思い出してホームページを検索、また検索してホームページを見たら「あの協伸だ」と思い出す、入り口を強くすべし