小さな会社だからこそ、ブランド戦略

小さな会社だからこそ、ブランド戦略 店舗・ホームページ・チラシ・看板のイメージを統一し、認知度を上げていく

世界でもっとも巨大な企業のひとつであるFACEBOOK社が、11月5日新ロゴを発表しました。Instagram」と「WhatsApp」の名称は「Instagram from Facebook」「WhatsApp from Facebook」と表示されるようになります。その目的は「製品やサービスがFacebookの一部であることを、もっと明確にしたい」と表明しています。ブランド戦略は宣伝広告活動のロスを減らし、狙ったブランド認知を創造するために行われます。中小企業もその本質を学んで実践する必要があります。

菅澤おかげさまで反響・受注・施工・アフターの全体に安定感がでてきたと感じています。この場所(埼玉県志木市)に店舗を構えた目的がかないました。

小松僕はヒロキリフォームさんの事例を全国のリフォーム会社さんに紹介したかったんですよ。快諾くださってありがとうございます。

小松この春にホームページリニュアルのご注文をいただき、御社のもともと持たれていたカラーイメージと営業のイメージでデザインをさせていただきました。これと同時に志木駅のホーム下り階段前に看板を出されましたが、ほぼ同じイメージです。

小松チラシもカラーもティストと合わせたものを配布されていますし、商圏も思い切って店舗中心にギュッと絞り込みました。これでヒロキリフォームさんのブランド認知が進む準備ができました。あとは継続して展開すれば、成果がでてくるということですが、ちょうど今、実感されているところですね。

菅澤そうですね。もともと施工力には自信があって、OBさんからのリピートや紹介が多かったんです。新しいお客さんからのコンスタントな反響が課題だったので、対策はあたったかなと思っています。 以前は確かにチラシなんかも撒くたびごとに違っていたり、チラシを手に取ってホームページを見に行くところを意識しないでいましたから、ロスは多かったんでしょうね。

小松経営改善会議で、菅澤さんならではのユニークな実例を皆さんと共有させてください。

まとめ

  • 広告媒体のテイストをあわせて会社のイメージを固定させる。
  • 店舗・ホームページ・チラシ・看板のイメージを統一することで認知度を高めていく。