株式会社シップ

サイトマップ

tel 03-3868-9621
【受付】9:00~18:30(土・日・祝休み)


海外事業は「若い社員」のため

小松

10月には上海社員研修旅行で御社の上海拠点を視察させていただきました。

ありがとうございました。

 

あのとき印象的だったのは、

海外事業は若い社員のためだとおっしゃっていたことです。

 

 

小川

私がシニア向け事業を始めた頃から何度も2015年の重要性を話してきました。

2015年団塊の世代が65歳を超え、日本全体でも4人の1人が65歳以上になります。

2025年にはさらにその世代が75歳になり、65歳以上が30%を超えます。

労働人口1.8人で高齢者を支える時代が来るのですが

現行の社会保障制度が持続可能かどうか読めないところがあります。

そんな時代が予想されるので若い社員の将来のため、市場成長が見込まれるアジアに進出しています。




小松

その2015年には「健康的なシニアライフの創造」という理念のもとに、

リハビリデイサービスnagomi、バリアフリーリフォーム、

介護施設建築事業のおいてニッチトップになっていますが、

その事業の本質を考察すると、海外事業まで含めてすべてが

理念をゲートウェイにしたビジネスモデルになっているところが凄いところですね。

 

 


小川

マレーシアでの最初の事業はキッズスタジオですが、

これも子供の面倒を見るのが共働き夫婦の両親、

つまりシニア層でシニア支援です。

次の事業はMM2H(マレーシア・マイ・セカンド・ホーム)ビザを

取得した日本のシニア向けの住宅内装でこれもシニア支援です。




海外進出の3つの軸

小松

日本のリフォーム会社も事業の第2第3の柱にチャレンジしていますが、それぞれに販促費用が嵩んで結局あと戻りすることが多いのですが、

それは顧客想定がそれぞれバラバラで強みを作りきれないまま多事業化を進めてしまうために起る弊害です。

「理念=強み」という軸、創客のゲートウェイそして現場の標準化、この3点セットは勉強になります。



06


小川

現場の標準化とか標準化を前提とした新卒採用は

10年前くらいになりますがシップさんから学ばせていただいたところがあります。

シップさんでもアジア進出支援を香港拠点で行っていますね。

 

 



06

小松

小川社長のように今後10年を数字で考えると

成長を志向する経営者が日本に籠もっている合理的理由はないと思います。

また海外進出するには本当に「強み」の見極めが大切だと思いますが、

第2第3のイーライフグループを支援していきます。

 




まとめ


海外進出は自社の「理念=強み」の磨き上げから
・理念は健康的なシニアライフの創造
・理念をゲートウェイにしたサービスを展開
・現地に事情に合わせたビジネスモデルの組立てと標準化



対談連載

小川義行氏プロフィール

小川義行氏

小松信幸プロフィール

小松信幸

バックナンバー

もっと、インタビュー記事を見たい方はこちら
Top