株式会社シップ

サイトマップ

tel 03-3868-9621
【受付】9:00~18:30(土・日・祝休み)


原点は「おばあちゃんとクレヨン」

小松

2013年12月11日ホームテックさんの20周年記念式典に

ご招待いただきました。2つの話が印象的でした。

ひとつは業績が急伸して年商55億円超まで行くということと、

もう一つは「おばあちゃんとクレヨン」の話です。

 

現在株式公開準備に入られていると聞きましたが、事業の原点はそこなんですね。




高橋

ホームページにも掲載していますが、

リフォームの商談の中でおばあさんの話を聞いて

構造上は必要のない白い壁をつけて、

クレヨンを拭いて落とせるクロスを貼りました。

この壁のお陰でお孫さんがクレヨンで好きなだけ壁に落書きできるようになったので

頻繁におばあちゃんのお宅に来てくれるようになりました。

「リフォームで人の夢をかなえたい」、ここが原点です。



小松

それが今のビジネスモデルである大型店舗リフォームプライスにもつながっているわけですね



高橋

最初は不動産屋さんの紹介で新築やリフォームを行っていました。

年商5~6億円までです。

それから折り込みチラシでの反響営業主体で年商20億円くらいまでいきました。


事業だから計画やノルマもあるので仕方ないんですが

現場で薦めているものが本当にお客さんが望んでいるものなのかという疑問がありました。


小松

お客さんが自分のしたい生活をみつけて選んでもらえる場所はリフォームプライスということですね。

その趣旨で弊社のプレゼンソフトもご活用いただいていたわけですね。


06

高橋

今はルームモデルという形で、店舗に部屋を作って見て頂いています。

予算100万円くらいで設備機器の交換に見えられたようなお客様に、

キッチンのモデルを体感していただくことで

「350万円くらいかかるけどこんな風に変えられたらいいよな」と

思っていただき、本当に自分のやりたいことをみつけてもらっています。



「需要の創造」

05

小松

よくおっしゃっている「需要の創造」ということですね。

大型店舗をステージにして現在の55億円に至るということですね。


高橋

家を購入して設備交換以外のリフォームをする人は全体で3割にも満たないと言います。

これはお客様がひとりひとりご自宅で本当に楽しい生活が実現できる

という「需要」をリフォーム業界が提案できていないと思うんです。

小松社長とも一緒に「需要の創造」に取り組んでいる同士だと思っています。


07

小松

海外進出もその延長ですか。

以前は弊社の香港・中国視察ツアーにもご参加いただきましたが。。


高橋

縁があってウラジオストクでインフィル事業をやっています。

ぜひ皆さんにも見に来てもらいたいですね。


まとめ


1 トップが本当に叶えたいことを軸にする

2 成長に合わせてビジネスモデルを進化させていく

3 需要創造によって、市場の枠を自分で広げていく







対談連載

高橋久明氏プロフィール

高橋久明氏

小松信幸プロフィール

小松信幸

バックナンバー

もっと、インタビュー記事を見たい方はこちら
Top