株式会社シップ

サイトマップ

tel 03-3868-9621
【受付】9:00~18:30(土・日・祝休み)


リフォーム・リノベ+不動産+新築のワンストップサービス



小松

加藤社長がリフォーム業に参入されたのは2008年ですかね?



加藤

そうです。その前年の12月SHIPリフォームセミナーに参加して、
自然素材のコンセプトでショールームを作って、
仲間も採用して本格的にリフォーム事業を始めました。



小松

もともとが建売住宅出身ですから不動産の仕入れ、
解体、建築、販売と住宅に関して一通りのスキルはあったわけですが、
不動産+リフォームという今注目の事業モデルを当初から始めていました。



加藤

リフォームはSHIPさんのホームページで集客の仕組みはできていました。
でもリフォームの基盤になる既存客がいたわけではないので、
もうひとつの柱としてお客様の不動産探しを支援して、
その物件のリフォーム工事や新築工事をいただくというモデルが自然と出来てきました。



小松

その比率は?

加藤

あえて区分すれば半々ですね。
リフォーム単独が2.5億円、不動産絡みが2.5億円というところです。



小松

リフォーム事業に不動産を絡めるのに、
自ら不動産流通に関わる場合と自身はそこに関わらない場合とがありますが、
ゆいまーるClubさんは後者です。
宅建免許は当然必要ですがこれから不動産を取り入れたいリフォーム会社には
取り組みやすい形だと思うんですよね。



加藤

先日、今住んでいる自宅(マンション)を売って、
新築戸建(注文住宅)に住み替えたいという人がいました。

当社は注文住宅用地を常時ストックしていますので今回それを提供させてもらいました。
単独だと売る仲介手数料、用地取得費用と仲介手数料と新築工事費用が掛かります。

リフォーム会社としてこういう案件に関わると、
自分の所に入るはずの仲介手数料を調整することによって、
お客様にも不動産会社にもメリットを出せるんです。

金額面だけでなく住み替えへの関わりができますので
お客様の好みを反映した注文住宅も実現できますね。



小松

このご時世に新築が好調のようですね。



加藤

環境循環型住宅むくむくはうすの効果です。
従来の住宅営業とは違って、ワークショップを通じて
自分の価値観を確かめながら進める「一緒に造る楽しい家」ですから、
いつの間にか競合がいなくなるんです。



小松

お客様の需要がどこから始まっても対応できて、
最適なところにおさめることができるという意味で、
「リフォーム+不動産+新築のワンストップ化」というのは
縮小していく市場を考えれば選択する経営形態のひとつだと再確認しました。



まとめ

1.Webの入り口で新規のリフォーム需要を取り込む
2.不動産会社との連携
3.不動産探しから始まるリフォーム・リノベーション、新築の需要も取り込む

対談連載

加藤栄氏プロフィール

加藤栄氏

小松信幸プロフィール

小松信幸

バックナンバー

もっと、インタビュー記事を見たい方はこちら
Top