株式会社シップ

サイトマップ

tel 03-3868-9621
【受付】9:00~18:30(土・日・祝休み)


人口減少も「変化」のひとつでしかないお客様が喜ぶことに躊躇なく取り組み続けることで地方の成長のモデルを描ける

伊藤

加藤社長はサプライズがお好きなんですよ(笑)




小松

面白いことをどんどん取り入れて実行していこうという姿勢がいいですよね。

業績も順調に推移されているようで、今期は4年目で外壁塗装が伸び、

前年比35%増の1.7億円くらいになりそうだということですね。

最近、地方の人口減少地域で元気な会社を回っているのですが

何か考えられていることはありますか?



加藤

僕はまだまだですので、ジェルコさん、ジャックさん、セイホーさん、

シップさんなどのセミナーや同業社との情報交換で劣等感を感じて、

また頑張ろうということの繰り返しです。



小松

創業してまもなくお店を構えて、しっかりとホームページを作って、

毎月3.5万枚のチラシを折り込んで、

年4回の定期的なイベントを行って、

OB客には毎月ニュースレターを送るという基本行動を行っている人は

意外と少ないです。

その上に来店型塗装営業モデルを取り入れられている。

先行投資金額も少なくはないですよね。





加藤

営業活動は2013年2月からなんですが、店舗は「あるだけ」でした。

シップさんにご案内いただいたみすずさんの来店型塗装店セミナー

影響は大きかったです。その後DVDを購入して、

もう30回くらい見ていると思いますが、

綿谷社長の教えの通りにやったらお客様は来てくれるし、

外装リフォームの売上は伸びるし、契約はほとんど外さなくなるし、

若い営業マンが自信をつけてくれるし、良いことずくめです。



小松

加藤社長は34歳で若いですが、何よりもそうした素直さが良いのだと思います。

人口減少というのも「変化」でしかないので、

その素直さがあれば同業社が足が止まっている間、

どんどん成長していけると思います。ところで今更ですが、

社名のフォーシンク出雲のフォーシンクって何なんですか?


加藤

メンテナンス(リフォーム)、不動産、ファイナンシャルプラン、

デザイン(設計事務所)、もともと4人の専門家のノウハウを

組み合わせて事業をしていこうという計画があったのですが、

結果としてリフォームのところだけになっているということです。



小松

創業の頃のアイデアが社名になっているというのは良いですね。

おそらく次はこの出雲という地域で社名が示すビジョンに沿った

住まいに関するワンストップサービスを展開されていくのではないでしょうか。

地元の有力企業の跡継ぎということですが、

40歳までに自らが作った住生活総合サービスと引継ぐであろう

BtoBビジネスの相乗効果を出していくというのも考えるとワクワクですね。



加藤

(創業時のフォーシンク出雲の会社案内を持ってきて)この会社案内、

自分も忘れていたくらいでしたが行く先はここですね(笑)。

まとめ

① 基本行動の徹底で差別化 お店を構え、戦略的なホームページを作り、

商圏内に毎月チラシを折り込み、定期的なイベントを行い、OB客には毎月ニュースレターを送る

 

② 顧客感動で差別化 来店型塗装営業モデルや住まいの試着など、お客様が喜ぶことを躊躇なく実行する

対談連載

加藤圭吾氏プロフィール

加藤圭吾氏

小松信幸プロフィール

小松信幸

バックナンバー

もっと、インタビュー記事を見たい方はこちら
Top