株式会社シップ

サイトマップ

tel 03-3868-9621
【受付】9:00~18:30(土・日・祝休み)


ホームページ・リニューアル事例

10月20日、弊社でWebサイトをリニューアルされた大阪府守口市のカワグチコーポレーション川口社長にお話を伺いました。


小松

この度は弊社で新サイト(www.kawaguchi-reform.com/)をリニューアルオープンさせていただきまして、ありがとうございました。
ここまでの進行、出来上がりなどはいかがでしょうか?



川口

先回り先回りで色々と意図を汲んでいただき作っていただいたという実感もあり、とても気に入ってます。

オープンして間もなくホームページから問い合わせも入ってきています。



小松

改めて事業の展開からホームページ制作、そして今回のリニューアルの経緯をお聞かせいただけますか?



川口

もともとはマンションなどの木製建具・家具工事の取付け、アフターメンテナンスなどが主業務でした。

 

これは今でもお陰様で大変忙しくさせていただいているのですが、

 

2本目の柱を立てていきたいということで、経験者の社員の入社のきっかけに

 

元請けのリフォーム事業を始めました。以前のホームページは2年前の2016年でしょうか。



小松

チラシ反響とイベントで集客をされている中で、

再度ホームページの可能性を追及された理由は何ですか?




川口

ホームページからの反響は全然なかったんですよ。でもポータルサイトからの反響は

コンスタントにあって、お客様が良い評価をしていただけてるので、

そういうクチコミも読まれているのか、成約率もいいんですよね。

でも自分の会社のホームページからは全然来ない(笑)

これはホームページに改善余地があるんだということで、

シップさんのセミナーに参加したということです。


小松

御社の場合は、川口社長がマーケティング費用をきちんとかけられているので

反響エネルギーは発生させられていました。しかし各販促媒体がバラバラだったので、

ホームページにアクセスした時点で大きなロスが発生していたと思います。

今回のリニューアルは、アテンション(需要に気づく)から

リーチ(ホームページでの確認・理解)、アクション(反響)を

一本の筋道にするというセミナーでもお伝えした通りのことをやらせていただいたので、

即座に反響増につながっていきます。


川口

縁あって広報の担当者に入社いただいたんです。

写真撮影もずっとしていた人なんで、施工事例などホームページの内容(コンテンツ)を

どんどん良いページを追加していきたいです。

それで反響を増やして受注を右肩上がりにして良い会社にしていきたいです。



小松

来年10月以降の消費税増税後が怖いですよね。

そのためにもホームページのコンテンツ(写真、ストーリー)を充実させておくと、

需要がなくなるわけではないので、じっくりと比較検討された結果、

御社を選ぶお客様が安定していきます。


まとめ

・各販促媒体がバラバラだとホームページにアクセスした時点で大きな反響ロスが発生

・アテンション(需要に気づく)からリーチ(ホームページでの確認・理解)、アクション(反響)を一本の筋道にする

対談社ホームページ

こちらからご覧いただけます。 ▶ 株式会社カワグチコーポレーション様

もっと、インタビュー記事を見たい方はこちら
Top