現在リフォームのニーズが大きくなっている

矢野経済研究所の発表した2014年の住宅リフォーム市場規模は前年比約2%現の約6.8兆円を予想する。2014年4~6ガツは増税後の反動減があるものの7月~12月で落ち着き、2015年10月に検討されている消費税の再増税による駆け込み需要により、次第に盛り返しをみせるものと推測する。
また国の「新成長戦略」の後押しやリフォーム適年期を迎える住宅ストック数の増加、リフォーム業者による提案強化による単価アップなどにより、市場が大きく活性化された場合2020年には8兆円、2010年比約35%増まで拡大すると予想されている。

大手ハウスメーカーも資金力やブランディングを活かしてリフォームキャンペーンを行いリフォームでの売上を伸ばしている。また、今後リフォーム市場が成長する事を狙い異業種のIT企業が他分野でのノウハウを活かし新規参入もしはじめている。

地域の情報と一緒に住まいの情報を発信していくことでサービスの価値が高まります。
サービスがコミュニケーションの入り口を作り地域密着のブランディングが高まります。

・地域密着コミュニティ
・地元住民からの厚い信頼
   強みを活かして

地域のシニア向けイベントの開催
イベントにシニアの健康な暮らしや住まいの大安企画を盛り込むことで、集まったシニアにリフォームへの興味を高め提案へつなげることができる。

卸の強みを活かした商品情報を発信することでサービスの価値が高まっていきます。
サービスを始めることで取引先の工務店やリフォーム会社の支援に繋がります。

・商品情報に詳しい
・最新設備に詳しい
   強みを活かして

現在大手ハウスメーカーがリフォームへの力を注ぎ始めた影響が街の工務店やリフォーム会社にも出始めている。取引先をニーズのあるシニア向けのリフォームに強くすることで支援していくことで住宅設備の売り先を作っていく事ができます。

シニアの暮らし・福祉情報を発信することでサービスの価値が高まっていきます。
サービスを入り口に様々な高齢者と住まいの問題を解決することができます。

・シニアの目線を知っている
・老後や福祉の知識がある
   強みを活かして

現在高齢者と住宅に関する課題は多くある。2014年7月住宅の空き家は820万戸で13.5%と過去最高になった。今後もどんどん拡大していくと予想される。そこには、相続やいなくなったら家はどうするのか様々な課題がある。ピンピンコロリを入り口にシニア暮らし方の問題解決をサポートしていくことができるのです。

WEBの知識がなくてもすぐに始められる

ピンピンコロリリフォームは近畿(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)・山口で既にスタートしています。各エリアで積み上げられた豊富なコンテンツをベースにサイトを構築!他県をフレームに自社のカラーを作っていくことができます。新たなコンテンツもどんどん増えていきます。

シニア向けのアプローチをしてみたい・・・。 だけど住宅設備の卸業でもないし、地域密着の企業でもない、シニアや福祉に関する知識もない・・・。 そんなお悩みをお持ちの皆様、ご安心ください! 御社のピンピンコロリリフォームのカラーを一緒に創っていきましょう! ピンピンコロリリフォームのプロモーション企画もご協力させていただきます!

皆様の強み×コンテンツ制作力

*お名前
ふりがな
*電話番号
*メールアドレス
 
業種
問い合わせ内容