株式会社シップ

サイトマップ

tel 03-3868-9621
【受付】9:00~18:30(土・日・祝休み)


拡大するワンストップリノベーション市場は中小リフォーム会社にとってチャンス

小松

インテリックス空間設計(東証二部上場 株式会社インテリックスの子会社)の副社長に就任されましたね。



藤木

新事業態としてエンドユーザー向けのリノベーション事業を拡大していこうということで面白そうだったので。



小松

藤木さん自身、「中古を買ってリノベーション」のワンストップリノベーションの草分けの1人ですよね。
現在の立場で感じることが多いんじゃないですか?



藤木

中小は社長の人柄や得意分野に由来する良さがそれぞれありますが、
大手は大手になった理由を反映した顧客ニーズのサキヨミと営業から施工までを貫くシステム化が
あるかなと感じています。



小松

以前はリフォーム会社の営業はリフォームのことだけだったし、
現金支払いが85%も占めるので金融のことも知らなくてもかまわなかった。
不動産営業はリフォームを知らないのが当たりまえ。
しかもこのふたつの業態はあまり相性が良くなかった。
大手がどんどん宣伝するようになった今、ワンストップリノベーションは
中小リフォーム会社が参入するには今が良いタイミングだと思うのですがいかがですか。



藤木

タイミングとしてはその通りだと思います。
買取り再販はもちろんですが、ワンストップリノベーションにしても、もう新しいものではないということを自覚することが大事だと思います。
不動産仲介とリフォーム工事の二つの収益があり、それなりの規模の金額になるので、
新築、新規分譲が頭打ちの大手にとっては参入する価値のある分野です。
そんな大手の情報発信によりお客さんのレベルはどんどん上がっていきます。
この変化を理解したうえで、それぞれの中小リフォーム会社の「強み」にお客様に
共感していただけるかですが、本格的にやるのであればリフォーム会社さんは
「人」と「システム」を別立てで作る覚悟がいると思います。



小松

リフォーム事業の第二の柱を打ち立てるイメージでこのタイミングを活かせということですね。



まとめ

1.大手の情報発信によりリノベーション市場は拡大している
2.同時にお客様ニーズのレベルも上がっている
3.リフォームの第二の柱を確立する覚悟で「人」と「システム」に取り組む


Q&A

リフォーム産業新聞に対談記事が掲載されると、やはりよく読まれているようで、
SHIPコンサルメンバーとユーザー様との間の話題にもなることが多いです。
そんな中からでてきた質問に小松がお答えしていきます。

Q.1
 藤木さんはスタイルオブ東京を辞めたのですか?

A.1
 いいえ。自分の会社であるスタイルオブ東京の仕事ももちろん続けていらっしゃいます。

Q.2
 ワンストップリノベーションって何ですか?

A.2
 一般生活者が中古住宅を買ってリノベーションをする場合、3社に違った仕事を依頼する必要があります。

①不動産物件取得依頼 これは不動産会社に依頼します
②リフォーム・リノベーション依頼 これはリフォーム会社に依頼します
③ローン設定依頼、取得不動産のローン、リノベーションをローン支払いするのであればリフォームローン、
両方を一緒にローン支払いしたい場合は一括の住宅ローン

これらをまとめてすべて手配する業態をワンストップリノベーションと呼んでいます。
厳密にいえば、もうひとつあります、ホームインスペクションです。中古住宅購入前に住宅診断を依頼することもこれからは多くなると思います。

Q.3
 リフォーム会社がワンストップリノベーションを行うメリットはあるのですか?

A.3
 不動産流通は住宅ビジネスの工程から考えると上流部です。
それに対してリフォーム工事は下流部です。上流部でお客様を押さえておけば、
リフォームの仕事も高い確率で獲得することができます。
自社で宅建業が出来るのであれば、仲介手数料とリフォーム工事費用と両方計上できることもメリットです。

Q.4
 地元の不動産屋さんにこういう話(ワンストップリノベ)を持っていっても、あまり乗って来ないんだけどね

A.4
 不動産会社は物件仲介だけを早く済ませてしまいたいので、プランや見積、
もちろん引き渡しにも時間のかかるリノベーションと組み合わせることを嫌う会社があります。
根気よく事業構想をプレゼンして共感してくれる不動産会社を探すか、
自社で不動産取引きができる資格を取得して、そのような不動産業界との差別化をアピールしていくという手段もあると思います。

Q.5
 こういう記事がでたということは、SHIPさんでワンストップリノベーションの事業支援とかやるの?

A.5
 はい、その予定です。すでに依頼があって、個別にはシステム開発を行っている最中です。

対談連載

藤木賀子氏プロフィール

藤木賀子氏

小松信幸プロフィール

小松信幸

バックナンバー

もっと、インタビュー記事を見たい方はこちら
Top